英語を教えて、、

0

    皆さん2017年あけましておめでとうございます。

     

     

    今日が初ブログです。

     

    28才で英語教室を開業してより、本当に多く子供や生徒たちに英語英会話を教えてきました。

    大抵の子は、小学生の時から教え始め、中学、高校まで教えさせていただくことが多いです。小学生期に長く教えさせていただくと、ほとんどの子は英語が大好きになってくれます。(もちろん、そうならない子もいますが・・・)

     

    開業来、私の教室の基本的なポリシーは、「英語を実用的に使えるように、話せるようにおしえること」です。

    だからどのクラスもできる限りGDM(Graded Directed Method)を使って、直接英語を使ってごれぞれの英語表現を

    「聞く」「話す」次に「読む」「書く」という順序を間違えることなく教えています。

    このことについては、別のページで紹介させて下さい。

     

    中学生、高校生にはもちろん教科書学習、テスト対策、受験指導もしっかりやります。これをやらなくては生徒は来てくれません。ただ問題を解いて終わるのではなく、その英文が宙でスラスラ言えるように発表させます。またできる限り、生徒同士にその英語表現を使って対話をしてもらいます。また教科書授業に入る前に、生徒同士が英語でコミュニケーションする時間を、例え短くても、毎回

    取るようにしています。話す経験なくしては、絶対話せるようにならないからです。

     

    小学生から始めて、このように教えていくと、高校生になるころには、かなり話す力がついています。英会話を楽しむことができるようになっています。(教えてきた者にとっては本当に嬉しいです)

     

     

     

    ところが、中学生で学校の英語がわからなくなって、来てくれた子が時々発言します。

    「英語なんか大嫌い」「うち日本から出ないし、英語なんかできなくてもよいし・・・」悲しい

     

    続きは明日書かせて下さい。

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    archives

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM